「中絶後シンドローム」とは何ですか?

 中絶を行う女性のほとんどが、ほとんど、あるいはまったく心理的な打撃を受けないというのが、医学や科学の領域での一般的な大多数の意見となっています。しかし、中絶に反対する多くの人々が、中絶を行った女性は「中絶後シンドローム」と呼ばれるPTSDに苦しむと主張しています。

 信頼性の高い公平な研究によれば、中絶後女性に心の動揺はあるものの、心の動揺は稀で、ダメージは一般的に軽度で短期のものであることが示されています。

 精神医学の専門家の多くは「中絶後シンドローム」の存在を疑問視し、中絶は人によってはトラウマとなってしまう、人生におけるストレスの多い他の出来事とそれほど違いはないと指摘しています。

前の記事次の記事
中絶後自分を癒す助けとして、何ができるでしょうか?
中絶後、うつ病になるのは普通ですか?